武井咲 Wの悲劇で美少女とバトル! - エンタメな日記。7272

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武井咲 Wの悲劇で美少女とバトル!

武井咲が主演するテレビ朝日の連続ドラマ「Wの悲劇」
(4月スタート、木曜後9・00)に、
桐谷健太福田沙紀剛力彩芽らも出演することになった。

原作は、夏樹静子氏の同名小説で、累計約250万部、
海外でも10カ国で約20万部を売り上げたヒット作。

武井は初の1人2役に挑み、互いの人生を入れ替える大財閥令嬢の和辻摩子と、施設育ちの不良少女の倉沢さつき汁を演じる。

桐谷は、さつきに成り代わった摩子を追う警視庁捜査1課の刑事。殺人事件の重要参考人として監視するうち、次第にひかれていく役で、武井との共演は初めて。

福田と剛力は、摩子に成り代わったさつきが働くショーパブのダンサー役。
さつきをいじめ、泥沼の女の戦いを見せる。

3人とも「国民的美少女コンテスト」出身。

 個性豊かなベテラン陣が顔をそろえ、
ショーパブの雇われオーナーに松下由樹、財閥の当主に寺田農、
財閥一族として野際陽子、若村麻由美、中村俊介らが出演する。

以前、薬師丸ひろ子で見たことがあります。
相手役が世良公則だったような気がしますが・・・

今、乗ってる若い女優陣を使ってくるあたり
TV朝日さん、かなり力が入ってるなって想いますね。

舞台でのラストシーンは有名ですが、
ドラマではどんな演出が待ってるんでしょう・・
楽しみにしたいと思います。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotnanews7272.blog.fc2.com/tb.php/223-49c7913d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。