妻夫木、武井咲で「愛と誠」映画化 - エンタメな日記。7272

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻夫木、武井咲で「愛と誠」映画化

映画『愛と誠』が帰ってきた。
妻夫木聡武井咲が、超不良の誠と令嬢・愛に!

歌と踊りで感情を表現する二人の姿や、
誠が愛に「離せ、バカ、このくそ女!」と言い放つ衝撃の場面も。
学園を舞台に物語が繰り広げられる本作で、
武井は体操着姿やメイド服姿も披露している。


『愛と誠』は、原作・梶原一騎、作画・ながやす巧による
同名漫画の4度目の映画化。
『一命』などのヒットメーカー、三池崇史が映画化した純愛物語。
極上純愛エンターテインメント・ムービーだ。

世代を超える名曲の数々が登場する本作で、
音楽プロデュースを担当したのは、Mr.Childrenなどを手掛ける小林武史


武井は本作で見事なコメディエンヌぶりを発揮しており、
「離せ、バカ、このくそ女!」と誠に言い放たれてもくじけず、
「あたしはあなたがきちんと立ち直るためなら、何でもするわ」と
ミニスカートのメイド服姿で踊る場面も。

映像のラストには「激しい恋」を歌い上げる妻夫木の声に乗って、
パパイヤ鈴木の振り付けも全開に! 
色や画作りが細部にまで計算し尽くされた三池監督の演出に期待。


何度も映画化されている「愛と誠」
衝撃的なストーリーだから繰り返し映画化されるのだろう。
いつの時代も お嬢様と不良という設定は憧れなのか
人気の秘密でしょう。

予告だけ見れば 音楽あり、ダンスありの
ちょっとしたインド映画のような気がしないではない。

単純に妻夫木くんや武井咲を楽しみたい。

それにしても、「武井咲」
引っ張りだこですね~。
テレビでは「Wの悲劇」も始まりますしね。


映画『愛と誠』は6月16日より新宿バルト9ほか全国公開
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotnanews7272.blog.fc2.com/tb.php/224-5c75d43e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。