洗髪ロボット稼働 どこまで手もみ感覚? - エンタメな日記。7272

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗髪ロボット稼働 どこまで手もみ感覚?

パナソニックは、頭皮ケアもできる洗髪用ロボット
「ヘッドケアロボット」を開発し、9日から兵庫県の理容店
「スーパーヘアーセオ」で試験的な運用を始めた。

実際の店舗での稼働は初めて。利用客や店側の声を集め、改善につなげる。
早ければ今年度内にも商品化する考え。

洗髪ロボットは2010年に開発。
今回、洗髪時に手もみの動作で頭皮をマッサージする機能を加えた。
利用者が仰向けに寝転ぶと、頭の左右と首もとに配置された
24個の「もみ玉」が指先のように細かくマッサージ。
センサーで最適な力加減に制御しながら、シャワーやシャンプーをこなす。

店舗側の省力化や従業員の手荒れ防止にもつながるという。
理容店にはパナソニック社員が常駐して機械を操作し、データを集める。

いや~ ここまで来てたんですね。
マッサージチェアーは高価ながらも普及してますからね。
電気屋さんで時間があるときはマッサージチェアーに
座って揉まれたりしてますから・・

いろんなロボットを考えるんですね。
ヘッドスパまで出来るのであれば試してみたい気がします。
確かに美容室や 理容店での洗髪は働いている方からみれば
重労働なのでしょうね。

でも、年に数回しか美容室に行かない私にとって、
洗髪をお願いするのはホントに気持ちが良くて
贅沢な楽しみの一つでもあるのですが、
手もみ感覚とはいえ、ロボットでの洗髪は
どんなものなのでしょうね
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hotnanews7272.blog.fc2.com/tb.php/230-4f950311

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。